金沢長町武家屋敷パノラマ風景写真 【パノラマ写真の小径】北海道美瑛町を中心に日常の風景・出来事をフルスクリーンパノラマ(QTVR|Flash)でご紹介!

北海道美瑛町を中心に日常の風景、近隣施設、催し、出来事をフルスクリーンパノラマ(QTVR|Flash)でご紹介!

金沢 長町武家屋敷

武家屋敷へ

宿泊先ホテルを出ると、まず目に飛び込んでくる尾山神社の「神門」。
創建時からそのデザインがよくないと言われ続けてきた神門も、時の流れと共にいつしか斬新かつ貴重と評価されるまでにいたり、現在では重要文化財に指定されています。
そして武家屋敷跡のある長町(ながまち)へ向かいました。

長町は前田家(前田八家の1つ)の重臣である長氏の屋敷があったことから名付けられました。
実際の長氏の屋敷は現在の玉川町にあたり、若干違っています。長氏の屋敷跡には、現在玉川公園や金沢市立玉川図書館になっています。
長氏の屋敷の隣には同じく前田八家の1つ村井氏の屋敷がありましたが、現在は金沢市立中央小学校となっています。
廃藩置県により金沢県ができ、その県庁が長氏の屋敷に置かれました。

金沢市データ

金沢市(かなざわし:日本)
都道府県:石川県
面積:467.77km²
総人口:456,127人 (推計人口、2008年8月1日)
市の木:梅
市の花:山出保
※ 出典: フリー百科事典【ウィキペディア(Wikipedia)】

〒920-8577 石川県金沢市広坂1丁目1番1号
電話番号 076-220-2111


より大きな地図で パノラマ写真の小径[Google map] を表示

長町武家屋敷跡

↑ 写真クリックで【フルスクリーンパノラマ】

武家屋敷跡

武家屋敷跡京都などと違い、土塀にあまり高さがないのが特徴。

武家屋敷跡LinkIcon

武家屋敷跡

武家屋敷跡平士クラスの平均的な屋敷でも約236坪もあったそうです。

武家屋敷跡LinkIcon

金沢市足軽資料館

金沢市足軽資料館藩政時代の貴重な足軽屋敷2棟を移築再現したもの。

金沢市足軽資料館LinkIcon

【足軽資料館】

早道飛脚足軽の組屋敷地であった旧早道町(現幸町周辺)に残されていた高西家、清水家の2軒の足軽屋敷を移築し、内部を公開。
足軽とは身分の低い歩兵のことだが、加賀藩の足軽は、小さいながらも庭付きの一戸建てに住み質素に暮らしていました。

また、間取りも接客空間を重視した武家屋敷の流れをくむ。職務、武術、世襲など足軽関係の文献資料も公開し、足軽の暮らしや歴史を紹介しています。
※ 武家屋敷散策マップより

京都市

清水

千年の都:京都。

京都市LinkIcon

新日本海フェリー

小樽港

省エネルギーで最高速32ノットの最新鋭エンジンを備えたフェリー「あかしあ」。

新日本海フェリーLinkIcon

金沢武家屋敷跡

長町武家屋敷跡 

金沢市長町の武家屋敷跡を散策。

金沢武家屋敷跡LinkIcon