冬まつりパノラマ風景写真 【パノラマ写真の小径】北海道美瑛町を中心に日常の風景・出来事をフルスクリーンパノラマ(QTVR|Flash)でご紹介!

北海道美瑛町を中心に日常の風景、近隣施設、催し、出来事をフルスクリーンパノラマ(QTVR|Flash)でご紹介!

旭川冬まつり・氷彫刻世界大会

概要

旭川冬まつりは、北海道旭川市で、毎年2月上旬に行われる祭りで、昭和35年(1960年)に第一回が開催された。
北海道を代表する冬のイベントの一つで、さっぽろ雪まつり(約200万人)に次ぐ規模の入場者数(約100万人)を誇り、海外からの観光客も多い。

昭和22年(1947年)から行われていたイヨマンテ(熊祭り)を前身とする。
メイン会場は当初は市内の常磐公園だったが、昭和61年(1986年)から近接する石狩川の河川敷(旭橋のたもと)に移した。会場が広くなったことを受け雪像の巨大化が進み、翌昭和62年(1987年)のメイン雪像の「ガリバー城」は、世界一大きな雪像という事でギネスブックに掲載された。

これらの大雪像は、市内に駐屯する陸上自衛隊第2師団の諸部隊が中心となって製作するが、その周辺には、市民のグループが製作する小雪像が立ち並ぶ。
近年は光や紙細工を使い、幻想的な世界を演出した「あさひかわ雪あかり」が人気を呼んでいる。
また買物公園にて1973年より毎年開催されている「氷彫刻世界大会」も必見。

極寒のなか

旭川市の二月最大イベント:
2007年2月8日(木)より、4会場5日間の日程で行われた【第48回冬まつり】会場の様子をお伝えします。

メーン会場となる旭橋(北海道遺産)河畔/石狩川河川敷では、今年も世界最大級の雪像(幅約85m/高さ約25m)が作り上げられました。
また平和道買物公園会場では、「氷彫刻世界大会(個人団体計60期の作品)」が開かれています。

当日は沈むと同時に気温がぐんぐん下がり、午後5時の気温はマイナス9℃の電光表示。あまりの寒さに指も痛くなりだし、カメラの液晶表示も正常に作動しなくなりました。撮影もほどほどにして会場を引き上げることにしました。

あさひかわ雪あかり

↑ 写真クリックで【フルスクリーンパノラマ】

メイン会場

メイン会場今回のテーマは「韓国:水原華城」が選ばれました。

メイン会場LinkIcon

氷彫刻世界大会

氷彫刻世界大会平和通買物公園、氷彫刻世界大会の会場。

氷彫刻世界大会LinkIcon

JR旭川駅前

JR旭川駅前駅前には北海道遺産「旭橋」の見事な氷彫刻が。

JR旭川駅前LinkIcon

旭橋より

石狩川河畔夕暮れ間近の旭橋から冬まつり会場を。

旭橋よりLinkIcon

美瑛町

美瑛町

四季折々の美しい丘陵風景の広がる「丘のまち びえい」
国内最大の大雪山国立公園の麓に広がる美瑛町は北海道の人気スポットです。

美瑛町LinkIcon

旭川市

旭川市

北海道遺産「旭橋」に代表される「川のまち あさひかわ」
道内第二の都市旭川市は、旭川動物園が全国的に人気となり観光客が大幅に増えています。

旭川市LinkIcon

東川町

東川町

「写真のまち ひがしかわ」は道内最高峰【旭岳】を有する美しい自然の広がるところ。
その景観に見せられ本州からの移住者も増えています。

東川町LinkIcon

札幌市

札幌市

北海道の政治・経済の中心で、全国5番目の人口を有する政令指定都市。

札幌市LinkIcon

小樽市

小樽市

北海道後志支庁小樽は、札幌から約40㎞西に位置する。

小樽市LinkIcon

夕張市

夕張市

その独特の顔つきのラッセル車を見に、三菱石炭鉱業大夕張鉄道「南大夕張駅」へ向かいました。

夕張市LinkIcon