JR旭川駅周辺パノラマ風景写真 【パノラマ写真の小径】北海道美瑛町を中心に日常の風景・出来事をフルスクリーンパノラマ(QTVR|Flash)でご紹介!

北海道美瑛町を中心に日常の風景、近隣施設、催し、出来事をフルスクリーンパノラマ(QTVR|Flash)でご紹介!

JR旭川駅周辺

日本初の歩行者天国

平和通買物公園(へいわどおりかいものこうえん)は、北海道旭川市のJR北海道・旭川駅前から8条通に至るまでの約1kmに渡る歩行者天国。
1972年6月1日に日本初の恒久的歩行者天国として開設され、旭川市の商業の中心として多くの客を集めている他、毎年2月には旭川冬まつりの会場の一つとして「国際氷彫刻コンテスト」等を実施している。

旭川には第二次世界大戦以前は陸軍の第七師団が存在したことから、旭川駅から旭橋に至るメインストリートは戦前は「師団通」との名称が付けられていた。
第二次大戦の敗戦により第七師団は消滅し(現在は同地に陸上自衛隊北部方面隊第2師団が置かれている)、通りの名称も「平和通」と改められた。

※ 出典: フリー百科事典【ウィキペディア(Wikipedia)】

概要

戦前は陸軍第七師団が置かれ、軍都としても賑わいをみせただけに当時の面影を偲ぶ建造物も多い。
駅前周辺は大型店が建ち並び、文字どおり旭川市の中心街です。
そして歴史ある建造物も多く、今なお歴史の息衝く街として見どころが多く点在しています。

川のまち あさひかわ
北海道のほぼ中央の上川盆地の中心部に位置する。石狩川、忠別川、美瑛川、牛朱別川など大小130の河川が流れ、740あまりの橋が架かる。中でも石狩川と牛朱別川の交わるところにある旭橋は、1932年完成した鉄製アーチ橋で北海道遺産に選定されている。


より大きな地図で パノラマ写真の小径[Google map] を表示

永山新川

↑ 写真クリックで【フルスクリーンパノラマ】

JR旭川駅

JR旭川駅現高架下前の3代目の駅舎。2006年12月

JR旭川駅LinkIcon

イルミネーション

イルミネーション間もなくXマスを迎える買物公園歩行者天国。

イルミネーションLinkIcon

平和道買物公園

平和道買物公園日本初の終日歩行者天国となった「平和通買物公園」。

平和道買物公園LinkIcon

イルミネーション

イルミネーション北国の師走の夜。空気も澄み切り寒さが凍みます。

イルミネーションLinkIcon

アイスキャンドル

アイスキャンドル買物公園8条:「手」の彫刻の周にアイスキャンドルの灯がともりました。

アイスキャンドルLinkIcon

大雪地ビール館

大雪地ビール館明治、大正時代に建てられ、文化財登録建築にも指定された倉庫群で営業。

大雪地ビール館LinkIcon

ロータリー シンボルタワー

ロータリー シンボルタワー欧州に多く見られる交差点ですが、国内ではあまり普及していません。

ロータリー シンボルタワーLinkIcon

銀座ライオン旭川店

銀座ライオン旭川店100年の歴史が流れる明治43年建築の館脇倉庫が、スイス風ビヤホールとなっています。

銀座ライオン旭川店LinkIcon

美瑛町

美瑛町

四季折々の美しい丘陵風景の広がる「丘のまち びえい」
国内最大の大雪山国立公園の麓に広がる美瑛町は北海道の人気スポットです。

美瑛町LinkIcon

旭川市

旭川市

北海道遺産「旭橋」に代表される「川のまち あさひかわ」
道内第二の都市旭川市は、旭川動物園が全国的に人気となり観光客が大幅に増えています。

旭川市LinkIcon

東川町

東川町

「写真のまち ひがしかわ」は道内最高峰【旭岳】を有する美しい自然の広がるところ。
その景観に見せられ本州からの移住者も増えています。

東川町LinkIcon

札幌市

札幌市

北海道の政治・経済の中心で、全国5番目の人口を有する政令指定都市。

札幌市LinkIcon

小樽市

小樽市

北海道後志支庁小樽は、札幌から約40㎞西に位置する。

小樽市LinkIcon

夕張市

夕張市

その独特の顔つきのラッセル車を見に、三菱石炭鉱業大夕張鉄道「南大夕張駅」へ向かいました。

夕張市LinkIcon