旭岳 [北海道最高峰]パノラマ風景写真 【パノラマ写真の小径】北海道美瑛町を中心に日常の風景・出来事をフルスクリーンパノラマ(QTVR|Flash)でご紹介!

北海道美瑛町を中心に日常の風景、近隣施設、催し、出来事をフルスクリーンパノラマ(QTVR|Flash)でご紹介!

旭岳 [北海道最高峰]

旭平周辺散策路             

旭岳(あさひだけ)は北海道上川郡東川町にある火山。
大雪山連峰の主峰で、北海道最高峰(標高は2,291m)。従来2,290mとされていたが、2008年国土地理院により2,291mに改定された。

東川町の旭岳温泉から姿見の池(標高1,600m)まではロープウェイで結ばれており多くの登山者が訪れる。
姿見の池散策路周辺で見られる高山植物は本州では3,000m級の山にしかないような貴重な植物を見ることができます。

山頂までの登山道はガレキノ世界へと変わり非常に滑りやすい。とくに頂上付近は急坂の岩場が続く。
高山であることから、天候の急変に備えた装備は必要で今年(2008年)も9月に死亡事故が発生しています。

雲の上のお花畑

姿見駅から旭岳の麓に噴煙をあげている爆裂火口の右手に小さな小屋が見えます。この旭岳石室の前にあるのが姿見の池。

登山をせずに、ここ旭平周辺散策路のみを回るには1時間前後(一周約1.7㎞)でまたロープウェイまで戻って来られますが、やはり素晴らしい景色を楽しみたいものです。時間を気にせずゆとりの散策が一番です。

旭岳温泉の歴史
旭岳温泉は、大正3年(1914年)に、阿久津啓吉が温泉の湧出を発見してから始まります。この地域はかつて勇駒別と呼ばれていて、アイヌ語で「湯に向かってゆく川」という意味があり、古くから温泉が湧出していたことが伺えます。また、現在でも、勇駒別川周辺からは、あちこちで温泉が湧出していて、大雪山の自然の息吹を感じ取れます。
(※ひがしかわ道草情報 より)

泉質:カルシウム・マグネシウム・ナトリウム硫酸塩、無色透明。
湯温:約47~51℃。
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩


より大きな地図で パノラマ写真の小径[Google map] を表示

一足早い紅葉をお目当てに本州からお越しになる方々も多く、中でも人気スポットは旭岳・黒岳を始めとする大雪山系の紅葉です。
撮影日:2008年09月11日、15日

※ 旭岳登山映像
LinkIcon旭岳登山スライドショー

※ IEでは一部機能が作動しません。 Firefox、Google Chrome をお勧めします。

LinkIcon旭岳 バーチャルツアー

旭岳の形成

旭岳の誕生は約2万~1万年前で、溶岩を多数流出させ、成層火山を形成していきました。
中腹には地獄谷と呼ばれる爆裂火口があります。名前の由来は、明治末期に「旭岳」という名称で統一されましたが、それ以前は「イシカリ岳」、「チュックベツ岳」、「東オプタテシケ山」、「ヌタクカムウシュペ山」などと呼ばれ、現在の名前は旭川(アイヌ語でチュペツ)の東にあることから、旭岳と呼ばれるようになりました。旭岳の名を提案したのは小泉秀雄で大正7(1918)年のことでした。

旭岳の最新の噴火は250年前に起こった水蒸気爆発であることが最近の調査で明らかになった。
将来噴火する可能性が高い山のひとつ

大雪山旭岳ロープウェイ ゴンドラ内

ゴンドラ内約10分間の空中散歩! 期待のふくらむゴンドラ内。

BlogLinkIcon ゴンドラ内LinkIcon

大雪山旭岳ロープウェイ 姿見駅

姿見駅姿見駅テラスに立つと雄大な風景が広がります。

姿見駅LinkIcon

大雪山旭岳ロープウェイ 姿見駅

姿見駅姿見駅に到着!素晴らしい天候に恵まれました。

姿見駅LinkIcon

散策路 第一展望台

第一展望台いよいよ散策路を歩き始め、先ずは第一展望台へ。

第一展望台LinkIcon

散策路 第三展望台

第三展望台展望台のあちらこちらで歓声があがっています。

第三展望台LinkIcon

散策路

散策路どこを歩いても写真を撮りたくなる風景ばかり。

散策路LinkIcon

夫婦池

夫婦池鏡池・摺鉢池(夫婦池)の分岐路にさしかかりました。

夫婦池LinkIcon

地獄谷を臨む

地獄谷を臨む硫黄の匂いが鼻を突くようになりました。

地獄谷を臨むLinkIcon

姿見展望台[五合目]

姿見展望台[五合目]姿見の池に到着。いよいよここから登山道に入ります。

姿見展望台[五合目]LinkIcon

登山道 2

登山道姿見の池が徐々に小さくなって行きます。

登山道LinkIcon

登山道

登山道登山道は滑りやすく、ガレキノ世界へと一変します。

登山道LinkIcon

登山道 3

登山道八合目から九合目の間にさしかかりました。

登山道LinkIcon

金庫岩

金庫岩この金庫岩を目差し登山道を登ってきました。

金庫岩LinkIcon

山頂 [山名入り]

山頂あちらこちらから歓声が聞こえてきます。

山頂 [山名入り]LinkIcon

山頂

山頂山頂到着! 大雪の山々の美しさが際だちます。

山頂LinkIcon

山頂 2

山頂北海道最高峰(2,291m)の山頂です。

山頂 2LinkIcon

美瑛町

美瑛町

四季折々の美しい丘陵風景の広がる「丘のまち びえい」
国内最大の大雪山国立公園の麓に広がる美瑛町は北海道の人気スポットです。

美瑛町LinkIcon

旭川市

旭川市

北海道遺産「旭橋」に代表される「川のまち あさひかわ」
道内第二の都市旭川市は、旭川動物園が全国的に人気となり観光客が大幅に増えています。

旭川市LinkIcon

東川町

東川町

「写真のまち ひがしかわ」は道内最高峰【旭岳】を有する美しい自然の広がるところ。
その景観に見せられ本州からの移住者も増えています。

東川町LinkIcon

札幌市

札幌市

北海道の政治・経済の中心で、全国5番目の人口を有する政令指定都市。

札幌市LinkIcon

小樽市

小樽市

北海道後志支庁小樽は、札幌から約40㎞西に位置する。

小樽市LinkIcon

夕張市

夕張市

その独特の顔つきのラッセル車を見に、三菱石炭鉱業大夕張鉄道「南大夕張駅」へ向かいました。

夕張市LinkIcon